Tomo&Sana GOURMET DIARY

マイペースに更新中♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エスビー食品 【李錦記 オイスターソース】

記事の時系列が前後しますけどHOTな話題なので先にUPしちゃいま~す♪



2014年12月20日
この日モラタメから届いたモニター品はエスビー食品の【李錦記 オイスターソース】。




嬉しいことにレシピブックが3種類も同封されていました。わ~い♪


そのレシピブックの裏を見たらビックリ!1888年に李錦記の創始者である李錦裳(リ・キンシェン)が世界で最初に美味したーソースを考案したんですって!wikipediaにも載ってましたが、皆さん知ってました?


以下メーカーサイトから転載↓

世界のリキンキの歴史はオイスターソースから。
1888年、李錦記の創始者である李錦裳(リ・キンシェン)によって世界初のオイスターソースが誕生しました。 広東省南水近くの小さな村で料理店を営んでいた李錦裳は、ある日カキの調理中に火を消し忘れ、気がつくと鍋底に香りのよい濃厚なソースが溜まっていました。その今まで味わったこともないようなコクと旨みが詰まったソース、これが「オイスターソース」のはじまりです。


オイスターソースの誕生ストーリー、必見です↓



つまり本物、元祖だって事ですよ!しょっちゅう使ってたけど背景にそんな歴史があったとは驚きです。


sanaの大好きな料理家ケンタロウさん、残念ながら現在は事故で療養中ですが著書の中でオイスターソースを積極的に使うことを勧めていたので、それ以来割と頻繁に使ってます。



たとえば和風味で軽く味付けした豆腐、もやし、小松菜と挽肉の炒め物、隠し味的にちょっと入れて完成。


手前が陰になっていますが(汗)簡単にキャベツと豚小間の中華だしで炒めてからオイスターソースをプラスしたもの。これなら野菜嫌いの子供もきっとモリモリと食べてくれるはず、だって美味しいんだもの。


ちょい足しで「美味しいね」と言わしめる魔法のソースが『李錦記 オイスターソース』。今ではどこでも入手できるし気軽に使えるお値段です。


もともとオイスターソース良く使ってたけどいただいたレシピブックにはおでんやすき焼きなど作ったことのない料理がずらり!なるほどなぁ~と思いこれから実践していきたいと思います。レシピはサイト↓でも見ることができますよ!興味ある方は是非みて実践してみてくださいね~♪

特集ページはこちら
関連記事
スポンサーサイト

| FOOD系 | 14:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tomosana.blog114.fc2.com/tb.php/2539-1f704889

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT